読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEIRD

本・映画・アニメ・落語・漫画を節操なく

『ヒメアノ~ル』: 幸せの脆さと(終わりなき)日常の退屈さ

f:id:ktadaki:20160616201712j:plain
(C) 2016 「ヒメアノ~ル」製作委員会


濱田岳ムロツヨシ佐津川愛美の青春(?)ラブコメディだと思ったら、佐津川愛美の裸体を惜しげもなく披露するラブシーンを境に、殺人マシーン森田剛がバッタバッタと人を殺すジェノサイド映画へと変貌。バッドを振り回し、ナイフでめった刺し、銃をぶっ放す森田剛の怪演にポップコーンを頬張る女子もドン引き。ジャニーズ一殺人鬼が似合う俳優は風間俊介だと思っていたけれど、考え直しときますね。


清掃員として働く岡田進は、同僚の安藤勇次が思いを寄せるコーヒーショップ店員の阿部ユカと付き合うことになってしまう。岡田は安藤の恨みを買うことを恐れるが、もっとヤバいのは、ユカをストーキングしていた森田正一から目をつけられたことだった。カワイイ彼女と過ごす岡田の幸せな日常は、森田の異常な行動によって少しづつ蝕まれていく。


ヒミズ以降の古谷実漫画には二つの大きなテーマがあると思っていて、一つが「幸せの脆さ」、もう一つが「(終わりなき)日常の退屈さ」だ。


誰かの幸せの代償は誰かが支払わなければならない。岡田がユカと裸で抱き合い、最も幸福な時間を過ごしているアパートの外で、森田は嫉妬と憎悪の視線を向ける。"恋人がいる"というささやかな幸せを得られない者がいる。森田は思いを寄せるユカに触れられない。話をできない。近づけもしない。コーヒーショップの客として、遠くから眺めることしかできない。


『誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられない』と『魔法少女まどか☆マギカ』の美樹さやかは言った。関係性を持たない事象が、誰かの呪いによって結びつく。幸せをかみしめる当事者には、その関係性が見えない。呪った者にだけそれが見える。


古谷実漫画の主人公には、いつもカワイイ彼女が降って湧いてくる。内省的で優柔不断でおばさん御用達みたいな帽子を被っているダサ坊に、ちょーカワイイ彼女ができる。主人公がカワイイ彼女との蜜月に入る。すると主人公の回りの人間がだんだん不幸になっていく。


シガテラ(2) (ヤングマガジンコミックス)


シガテラ』の荻野優介は高校時代に自分を虐めていた谷脇に言う。お前が付きまとうせいで、俺は不幸になる、俺は彼女と幸せな生活を送りたいだけなのに。谷脇は荻野に言い返す。俺じゃなくて、お前が不幸をまき散らしているんだ、お前が不幸の元凶だ。


荻野の回りの人間はみんな不幸になる。谷脇は荻野の一緒に虐めていた高井に復讐され、耳をそぎ落とされ、堅気で生きていけなくなる。高井は裕福だった家が父親の事業失敗によって崩壊し、ブルーワーカーとして働く。


でも、荻野は何もしていない。何も手を下していない。なのになぜ?


そこには呪いがある。谷脇の、高井の、荻野がすれ違ったあらゆる人の呪いが荻野の知らない場所で培養されている。


『ヒメアノ~ル』のユカも何もしていない。コーヒーショップで一生懸命働いて、偶然出会った岡田と恋をしただけだ。それでも、安藤と森田から一方的に欲望の視線が向けられる。そして呪いによって欲望が嫉妬と憎悪へと変貌し、とてつもない状況に巻き込まれていく。


人は呪いによって歪んだ世界を押し付けることで他人を不幸に陥れる。その世界が最も歪んでいるのが森田だ。


森田が殺人鬼になるまで拗らせてしまった理由は映画では明かされない。森田は内面がはっきりしないモンスター的な人物として描かれる。


漫画では森田の内面が描かれている。森田は"殺人の快楽"に目覚めている。起伏の無い退屈な日常を壊す殺人に焦がれている。これは第二のテーマである「(終わりなき)日常の退屈さ」に深く関係する。


『ヒメアノ~ル』の冒頭で岡田が言う。「1日はとてつもなく長いのに1週間ともなるとあっという間に過ぎていく。判で押されたような毎日が繰り返されるだけ」日常は退屈だ。起きて働いてメシを食って寝るだけで、時間が漫然と過ぎていく。世界には何も無い。夢も目標も「大きな物語」も無い。古谷実の漫画にいつも出てくる、今を生きる人達の諦念。


ヒミズ』を映画化する時、園子温はこういった人々の諦念を東日本大震災と結びつけた。東日本大震災が人々の生きる希望を奪い、不幸の連鎖を生み出した。絶望した住田祐一は包丁を持って路上を徘徊し、殺人のターゲットを探し続ける。


ヒミズ


でも、古谷実が描いた諦念は東日本大震災以前からあったものだ。それは、金持ちはずっと金持ちで、貧乏人はずっと貧乏人で、正社員はずっと正社員で、派遣社員はずっと派遣社員で、経済も、政治も、社会も、何一つ変化が無いまま、ずーーーーーっと同じ速度で進み続ける時代に生きる人達が、だんだんと心をすり減らし、息苦しさに耐えられなくなっていった結果だ。


東日本大震災の前にも住田は生まれていた。その病巣は、東日本大震災に比べて、とても分かりにくい場所に根付いている。だから、怖い。


住田は(父親以外の)殺人を犯さなかったけれど、森田は違う。次から次へと殺人に手を染めていく。殺人という究極的な形で、生きる意味を見つけていく。毎日の退屈に押し潰されそうだった岡田や安藤には恋人ができたけれど、森田にはできなかった。でも、森田には殺人がある。セックスよりも気持ちいいことがある。


「終わりなき日常」に生きる人間が見つける"生きる意味"は、恋人だったり、家族だったり、宗教だったり、でっかいバイクだったり、殺人だったりする。そして、"生きる意味"を願えば願うほど、同じ強度の呪いが生まれ、世界が歪んでいく。


ナイフと拳銃をもって森田は街を徘徊する。彼の世界とすれ違う人達の世界は重ならない。同じ場所、同じ時間を過ごしているはずなのに、世界は重ならない。駅に置かれた看板を殴る森田を誰も気に掛けない。世界が重なるのは森田が殺人を犯す時だけだ。


『ヒメアノ~ル』を観ると(読むと)世界が違って見えてくる。それは、今まで見えていなかった他人の世界、他人が願った呪いが透けて見えてくるからだ。